自分の運勢を占うなら|手相やほくろをみるのがお勧め

幸せは歩いてこない

幸せにむかって

手相

人間誰しも掌には手相があり、身体にはほくろがあります。
手相もほくろも運勢と同様に変化します。
そして手相やほくろで運勢を占う事ができます。
まず、手相でいえば大体の人に生命線、頭脳線、感情線という三大掌線があります。
続いて運命線、太陽線、財運線、結婚線の合計七つのおおきな掌線で手相を診断します。
7本全てある場合や3本や4本の場合もあります。
雑誌やメディアと取り上げられる手相は一般的な物がほとんどです。
もし、自己診断出来ない様な珍しい手相をお持ちであれば専門の占い師にみてもらうと思わぬ発見があるかもしれませんね。
一般的に珍しく最強と言われている、ますかけ線と言われる横一直線にのびた掌線や、誰しも気になる結婚線や財運線もなかったからとらいって不幸になる事はありません。
海外では無いなら書いてしまえと欲しい手相を書き足したりする事もあるそうです。
ほくろの場合は顔、掌、体、そして足と全身にほくろが出来る事から全身で診断します。
また顔の場合は女性と男性で少し意味の違いもあります。
あまり良い意味を持たないほくろだからといって治療で取り除く事は難しいですし、とらわれすぎない事が大切です。
また手相と同様にほくろも自ら書き足すという方法がある様です。
人間は不思議な生き物で書き足した手相やほくろで本当に運命を変えてしまうパワーがあります。
前向きになるきっかけになるのであれば欲しい運勢を書き足す事も効果的かもしれません。
自らの人生をより豊かなものにするのは何よりも本人の努力が必要です。

それぞれの指の傾向

占い師

手相は、その人の性格や人生の傾向が分かると言われています。
それをあらわす部分として一般的に手のひらにあるしわが知られていますが、ほくろも手相として読み取ることができます。
ほくろは、手のひらのどこに部分にできているかが重要です。
手のひらの上の部分あるいは中央、または下の部分などで手相が分かるのです。
また、手のひらだけでなく、指も手相の対象となります。
この場合も、どの指にできているかで意味が異なってきます。
手の指に見られる手相の意味には、親指では家族との関係をあらわします。
親指にほくろがあると、頑固者になりやすい傾向があります。
性格が頑固なために、家族から厄介者として扱われる可能性が高くなります。
そういった傾向から、家族に迷惑をかけやすい存在と読み取れます。
次に人差し指にほくろがある場合は、指導力や支配力に悪影響が出ると考えられます。
極端に神経質であったり、野心家で暴君になりやすい性格が周りの人を振り回してしまう可能性が出てしまいます。
中指にあるほくろは、何も考えずに行動して失敗する傾向や、警戒心が強すぎる性格があらわれています。
中指の部分は考えや警戒心をあらわす部分となるので、そこにほくろがあることで支障が出てしまうのです。
薬指の場合では、美的センスが乏しく、勝負心や虚栄心が強いと手相では出ます。
美的センスの乏しさは第一関節の部分にほくろがある場合に当てはまり、自身が持つ美しさの価値観を示します。
勝負心が強いとギャンブル好きになる場合があり、虚栄心が強ければ自慢をいつの間にかしてしまう性格となります。
小指のほくろでは、第一関節にあると話下手な性格となり、第二関節や第三関節ではお金の管理能力や支出に支障が出てしまいます。
つまり、金運に恵まれていないと判断できます。
以上のような意味から、指にほくろがある人は、その傾向を見直すように努力すれば改善も期待できるでしょう。

関節の位置

手

手相は日々変化していきますし、ある日突然、ほくろができることがあります。
5本の指にあるほくろには、それぞれ意味があります。
関節ごとに分けて、その場所にあるほくろで手相を占ってみましょう。
まず、親指は家族や生活に関することが占えます。
親指の第一関節にあるほくろは、頑固者に多い手相と言われています。
第一関節とは、親指の爪のある方です。
根元の方は第二関節です。
第二関節にほくろがある人は、家族に迷惑をかけやすいと言われますから気をつけてください。
人差し指の第一関節にほくろのある手相は、神経が細かい傾向があります。
第二関節は野心家、第三関節にあると支配欲が強くなります。
中指の第一関節にほくろのある人は短気、第二関節は警戒心が強く、第三関節は物欲が強くなる傾向があるようです。
薬指の第一関節にほくろのある手相は勝負運が強く、第二関節はその逆で、勝負ごとに弱い傾向があります。
第一関節と第二関節では、正反対の手相となります。
第三関節にあると、虚栄心に強くなります。
見栄っ張りということでしょう。
小指の第一関節にある場合は、話下手となります。
第二関節上にあればお金儲けが下手な手相であり、第三関節にあると、浪費癖の傾向が出てくるということでした。
以上、5本の指のどの位置にほくろがあるかで、その人のおおよその傾向がわかるようです。
ただし、手相は変わっていきますから、時々ほくろの位置を確認するようにしてください。

幸運と不運を掌から知る

水晶

ほくろが掌にある場合、場所によっては生活する上での注意が必要です。掌の場合は、ネガティブな意味を持つほくろが多いため、意味の確認をしておきます。ただ、手相の解釈上、非常にラッキーとされるほくろもあります。

もっと読む

手の甲のラッキースター

タロット

手相の世界では、ほくろもまた重要な要素であると考えられています。特に手の甲に存在するほくろは、他とは区別される幸運の印です。またこのラッキーサインは、どの指のラインに乗っているかで意味が大きく変わってきます。

もっと読む

手をみて運命を知る

占い師

手相のほくろで占う方法には、さまざまな解釈の仕方があり違いがあるそうです。しかし、手のひらの真ん中にあるほくろは強運の証であるということは一致しているようです。手のひらの中央のほくろは福つかみと名付けられており、幸福にめぐまれ金運にも優れているとされています。

もっと読む